浄土真宗本願寺派 久本山 照源寺 (尾道市御調町) 平成11年~20年
(写真)本堂正面
照源寺 移転新築工事
所在地   広島県尾道市御調町神
敷地面積 7,235.93㎡
建築面積 2,496.16㎡
延床面積 2,462.33㎡
竣   工 2007年12月

○本堂  木造1階建、延床面積459.88㎡   ○客殿 木造1階建、延床面積137.93㎡
○玄関  木造1階建、延床面積128.07㎡   ○庫裡 木造1階建、延床面積547.64㎡
○はなれ 木造2階建、延床面積317.66㎡  ○門信徒会館 鉄骨造2階建、延床面積607.14㎡
○納骨堂 RC造1階建、延床面積186.30㎡○涅槃像収蔵庫 RC造1階建、延床面積40.50㎡
○山門 移築 ○鐘桜 移築 ○屋外便所 木造 4.58㎡

 本計画は、国道486号線の改良工事に伴って移転問題がおこり、平成11年3月23日に設計者選
定説明会が行なわれました。同年4月6日にプレゼン・ヒアリング、そして4月15日に設計者の決定
通知をいただきました。当社として、この上ないご縁を賜り、社員一同大きな慶びを感じるとともに、こ
の大事業に関わらせていただくことの深い意義を確認し、誠心誠意で取り組む覚悟をいたしました。
 今、私たちを取り巻く社会は極めて困難な状況を呈しています。物の豊かさの反面、心が乏しくなっ
たともいわれています。少子高齢化による社会の成立の難しさや、世代交代による様々な社会の営
みなど、どれを見ても私たちに大きな課題を課せられているように思えます。それゆえ、これからは心
の時代ともいわれ、心の豊かさが求められています。そうした時代に、私たちの心の道場としてのお
寺を新築する設計・監理を担当させていただくことになり、私たちは、こうした問題を深く考えつつ、そ
の実現に向けて最大限の寄与ができるよう取り組んでいかなければならないと考えました。
 設計に当たっては歴史的背景なども踏まえて、地域の皆様とともにある寺院の建設という考え方で
努力をしてまいりました。
 この度の取り組みでは、木造建築の在来工法で、今までの伝統を開花させる建築を創りだせること
ができたと喜んでいます。きっと、この地方には例のない木造大建築の実現が図られたと思っていま
す。そこには多くの方々の技術と匠を発揮していただきました。
 皆様とともに感動し、喜び、夢を持ち、町の人々をつなぐ大きな要となる、そんなことが建築の中で
も創造されたと思っています。今後の原動力ともなるような体験ができました。

(「建築ジャーナル」2010年9月号(企業組合建築ジャーナル) ”建築集”に掲載)






 
外陣・内陣
 
遠景
 
全景

 
玄関・客殿
 
庫裡・涅槃像収蔵庫

 
玄関
 
門信徒会館