明治の土蔵を再生
今川茶房土蔵改修工事
  今川玉香園茶舗
  所在地:尾道市久保
  施工:株式会社 葉名組
  木造2階建
  敷地面積:164.49㎡
  建築面積:69.62㎡
  延床面積:128.50㎡
  竣工:2002年10月

 尾道で老舗の御茶屋の明治に建てられた蔵が、平成13年春の安芸灘地震で屋根や壁に被害を受けた。当地、水尾町の町並みになじんでいた蔵を壊してしまうのは忍びない、また、新茶を熟成させるというお茶屋としての重要な機能を果たしていた蔵と同等の機能が必要、等々検討した結果、蔵を再生することで計画が始まった。今使われている材料をできるだけ再利用して建替え。また、通りに面して建替えるため、一度蔵を解体し、再び組み上げるという工事となった。完成した漆喰塗りの蔵は、商家で栄えた尾道の往時の姿を彷彿させる堂々たる姿でよみがえった。

(「建築と社会」2004年11月号”社団法人日本建築協会”に掲載)